仕立てないという選択

メキシコで買った思い出の詰まったシャツ
仕立てないという選択

先日、あるお客様がご来店されました。

以前から、FOUR BUTTONS(フォーボタンズ)のある通りの歯医者さんに通われていて、表の看板を見て、相談に来てくれました。

吉祥寺に35年ほどお住まいの方で、お店の目の前にある吉祥寺西公園が、実はその昔、ジブリ美術館の候補地になっていたことがあると、教えてくれました。

ただ、その当時の武蔵野市の市長さんがアニメーションにあまり強い関心がなかったそうで、その後、三鷹市が手を挙げて、今の場所になったのだとか・・・。

人に歴史あり。とは言いますが、吉祥寺の町も昔とはずいぶん変わってしまった様で、懐かしむ様にお話しされていたのが印象的でした。

聞けば、ご相談内容と言うのは、
「すいぶん昔、父親と一緒に旅行で行ったメキシコで買ったシャツに似たようなものを、誂えられないか」と。

お持ちになられたそのシャツは、ずいぶんと年季が入り、お世辞にも綺麗とは言えませんが、至極クタっとした、見るからに使いこまれていて柔らかい風合いになったシャツで、鮮やかなピンクと白の太めの縞模様に、僕は一目でこのシャツが好きになってしまいました。

当時、アメリカに駐在されていたお父様に会いに、奥様を連れてのご旅行だったそうで、メキシコの乾いた気候と日差しの強かったことをお話しされました。

なんでも、そのシャツを買ったいきさつと言うのは、お父様に連れられて出掛けた、ルフィーノ・タマヨの美術館で、メキシコ人の色彩感覚に強い影響を受け、その旅行中にたまたま入った洋服店で、衝動買いをしてしまったとのことでした。

帰国してからも、すっかりルフィーノ・タマヨの虜になってしまい、日本でも何度か美術館に足を運ばれたそうで、その度にこのシャツを着て、メキシコの旅行を思い出していたんだとか・・・。

極彩色とまではいかないまでも、十分に派手な色使いのシャツは、メキシコの強い日差しにこそ相応しく、日本で着るには少々気負ってしまいそうですが、これだけ使いこまれているところを見ると、ほんとにこのシャツが好きなんだなぁと、こちらまで嬉しい気持ちになりました。

さて、色々考えた末、僕が出した結論は、
「新しく作るのではなく、このシャツを修理させて頂けませんか」ということ。

もちろん、全く同じ生地というわけにはいかないですが、近しい生地は用意出来るだろうし、サイズやデザインも一から型紙を起こせば、オーダーシャツで十分対応出来たかもしれませんが、もうメキシコの思い出を着ることは出来ないだろうなぁと思いました。

シャツの襟、擦り切れ
衿の擦り切れからも、良く使い込まれていることが分かる
シャツのカフ、擦り切れ
カフも同様に、擦り切れてほつれ始めている

幸い、ひどくダメージを受けていたのが、衿の上衿(羽根と呼ばれる部分)とカフの部分の擦り切れだけでした。

通常、擦り切れの修理の場合、その部分をそっくり違う生地に代えてしまうか、ダメージを受けている部分に補強芯を貼り、ミシンで叩く修理があります。

今回の修理では、前者の修理では全く意味がなくなってしまうので、後者を考えましたが、ミシンで叩いた部分がシャツの場合、直接肌に触れるので着ていてチクチクしてしまうのと、修理部分が覗いてしまうのも宜しくないなぁと思いました。

実はこのシャツ、メキシコ製でカジュアルな仕立てだったので、本来控えるべき上衿の表裏の差寸がほとんど無く、強引ではありますが、表裏をひっくり返すことが出来そうでした。

なので、まずはダメージ部分をミシンで叩き、なおかつ上衿の表裏をひっくり返す修理をすることにし、カフの部分も、ミシンで叩くのではなく、ストライプの柄一つ分内側に入れ込んで作り直す修理をすることにしました。

シャツの衿の修理
着心地と見た目を考えて修理をしてみました
シャツの衿修理
表と裏をひっくり返し、ダメージ部分を裏側に隠す様にしています
シャツのカフ修理
カフは柄一つ分内側に折り込むことで、ほつれを完全に隠しています

出来上がりは、思っていた以上に綺麗に修理が出来、お客様にも大変喜んで頂くことが出来ました。

僕たちの仕事は、仕立て屋ですので、大抵のことはお仕立てさせて頂くのですが、仕立て屋でも出来ないことが、たくさんあります。

今回は特に、代わりの利かない思い出の詰まったシャツでしたので、安易にお仕立てすることを選ばず、修理することにさせて頂きました。
あのシャツを着て、お父様との思いでのメキシコを思い出すと同時に、ここで修理したことを、少しでも思い出して頂ければ嬉しい限りですね。

当店でお買い上げ以外の商品でも、修理を承っておりますので、思い出の詰まったお洋服を是非お持ち下さいませ。

吉祥寺の仕立て屋 オーダースーツのFOUR BUTTONS(フォーボタンズ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-7-3 加藤会計ビル3F
0422-27-1152

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA