日本では、フランス語の、“Casquette キャスケット”とフェミニンな呼び名が定着していることもあってか、ファッションアイテムの中でも、今一つ普及しないデザインの帽子である。

 アメリカでは、新聞売りが被っていたことから、“NEWS BOY CAP”の愛称で呼ばれているそう。

 歴史的にも、労働者や下級層の間で広く愛用されていた背景もあり、身の丈にあったその野暮ったい佇まいが、なんとも丁度いい。

 もちろん、矢吹ジョーが泪橋を渡った時に被っていたのも、このタイプの帽子だ。

オーダーキャップ ¥20,000~(税別)
納期 約1ヵ月

他にも、PANCAKE CAP、HUNTING CAP、DEER STALKERの形をご用意しております。

ORDER MENU オーダーメニュー